読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まず楽になりたい

それから楽しんで生きれるようになりたい

会計士試験について

今日は久しぶりに会計士論文の勉強をしたのだが、なんか意外と書いてあることがわかってびっくりした。
監査論、租税法、会計学(午前、午後)の模試をやった。
「うわ、わかる、少し簡単」と感じると欲が出て、やっぱ今年の論文受けようかと思ってすごく悩んだ。
悩んだ結果、一応受けるが、別に受からなくてもいいや位の気持ちで受けることにする。

ここから下は思考の備忘なので他人にわかるように書かない。

  1. 飲み続けても5月を乗り切れるか微妙。

/ベタナミンは動けるようになるだけで、思考は明瞭にならない。
/覚醒作用のある他の処方薬を処方される可能性はほぼゼロ。

  1. サノレックスは最大3ヶ月までしか処方されない上、耐性がつくので、量をどんどん増やす必要があり、輸入or病院をハシゴしないといけない。
  1. 試験まで乗り切れたとしても、試験後悪化する虞がある。
  2. 寛解までが長くなり来年度も休学するハメになる。
  3. そもそも私は会計士になりたいとは思っていない。
  • 免除の期限がプレッシャーになる。
  • 来年に試験を回すとすれば、今の予定では来年度から復学する予定なので、学校との両立で今よりきついかもしれない。
  • 歳をとることによって学習能力が落ち今よりも難しく感じるようになるかもしれない。
  • たかが資格試験に数年かけるなんてあほらしい。
  • 投資の回収ができないのは勿体ない。

/目標、計画を立てずに勉強を始めるのは不毛に思える。

  1. 最優先すべきは寛解

/極端な思考を直した方がいい。

  1. 暇潰し程度に考えていいのではないか。
  1. 私に期待してる人たちと死ぬなという人たちは同じ種類なので気にしなくていい。
  2. 出版予定から考えて仕事を優先した方がいい。
  • 中途半端なものしか残らない。