読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱の大学生の日々

病気のこと、生活のこと、勉強のこと、恋愛のこと、大学のこと。

普通の人の生活

ファッション雑誌を読んでると、よく「モデルの1日」みたいなコーナーがある。
「朝は5時起き。愛犬と散歩をして、シャワーを浴びて、朝食はサラダとホットサンドとフルーツ。お気に入りのカバンに色々詰めて、撮影に。撮影が終わったあとは好きなブランドのショップを一回りして、帰宅。夜は本を読みながらゆっくり半身浴。お風呂を出てからのケアは念入りに。ストレッチもします。早寝を信条にしているので、大体夜10時には寝ます。」
とか書いてるの。

え、おかしくない?凄すぎじゃない?
多少美化して書いてるにしても、スゴすぎる。

生活には「必要部分」と「余裕部分」とがあると思うんだけど、たとえばごはん、野菜、肉は「必要部分」で、果物は「余裕部分」だと思う。
簡単に適当に買えるイオンやニトリで売ってる家具は「必要部分」で、なんかのブランドの家具を選んで買うことは「余裕部分」。

で、さっき紹介したモデルの1日、余裕部分が多すぎる。
「5時起き」「シャワー」「フルーツ」「お気に入りのかばん」「好きなブランドのショップ」「本」「半身浴」「ケア」「ストレッチ」「10時に寝る」
これ全部余裕部分だと思う。
私がモデルさんやったら、
「朝は頑張って仕事の40分前に起きる。食パンとサラダを食べる。どうせ撮影で着替えるし、部屋着の上にコートだけ着て撮影に向かう。撮影が終わったあとは愛犬のお散歩を軽くして帰宅、シャワー。ゴロゴロして眠くなったら寝る。」
になると思う。

まあモデルさんの1日は綺麗に書かないといけないんだろうから…とかも思って、Googleで「普通の人 1日」とか「普通の人 1日 生活」とか調べてみたけど、なんか普通の人の上を行こうぜ!!的な自己啓発ばっかりで特に何も引っかからなかった。

普通の人ってどうやって生活してるんだろう?
ピンからキリまで色々あるんだろうけど、おおよそ平均的な人の生活を知りたい。
私は普通の人のように生活できるんだろうか。
今の生活や価値観(自分は何も出来ないという価値観)は、鬱だからそうなってるのであって、本来の私とは違うものなのだろうか。
本来の私は、普通の人の生活が送れるんだろうか。
もし、鬱が治っても普通の、健常者のような生活が送れなかったらどうしよう。
鬱が治っても、何も出来ない自分だったら、もうそれこそ鬱の時よりも自殺すべきじゃないのだろうか。
てか鬱ってどれ位で寛解するんだ。
もう既に「普通の」暮らしの感覚を忘れてしまったから、鬱が治っても「普通」を思い出せずに戻れないんじゃないか。

病院の先生に聞いても曖昧な答えしか返ってこない。
まあ患者さんは十人十色だからそうなってしまうのだろうけど、でも医者以外の人の言うことに信ぴょう性はないし、なんか「鬱から立ち直った人の会」みたいなのないかな。
ありそうだな。
調べてくる。