読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まず楽になりたい

それから楽しんで生きれるようになりたい

羽海野チカと米津玄師

さっき、Twitterを眺めていたら、「3月のライオン」のエンディング曲を米津玄師が書き下ろす、という情報が流れてきた。

まじか。

私はとても混乱している。
なんだろう、好きな人同士が結婚してしまうような複雑な心境だ。

これまで羽海野チカ作品のアニメの音楽には、YUKIだったりスネオヘアーだったり、スピッツだったり、BUMP OF CHICKENが関わってきた。
そこに米津玄師が加わる?
わたしの中でそれは「大御所の中に米津玄師という若手スターが仲間入りする」ということを意味しており、単にエンディング曲を担当するという単純なことではないのだ。

米津玄師は恐らく羽海野チカ作品が好きだろうなという気はしていた。
将棋を始めたという話を聞いた時も、3月のライオンの影響かなとは思った。
ああ、米津玄師、羽海野チカ作品好きなんだなー、と思った。

しかし、羽海野チカ作品のアニメの曲を担当するためには、「好き」だけでは足りない。
もっと「愛してる」だとか、「崇拝」していないと羽海野チカ作品に加わることは許されない。(そんなことはないが)


羽海野チカ×米津玄師

…字面最高だな…


ひと通り想いを書き綴ったので、少し落ち着いてきた。
米津玄師が羽海野チカ作品のために音楽を書き下ろす。
なんかもう、これは、幸せ過ぎて、幸せが何周もまわって否定的になってしまっているだけで、
私の気持ちとしてはやっぱり嬉しいっぽい。
だって米津玄師も大好きだし羽海野チカも大好きだ。愛してる。
米津玄師のコンサート行ったけどめちゃくちゃかっこよかったもん。

好きな人同士の結婚。
寂しいけど、正直とても妬ましいけど、心から祝福したい。